PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< 小さな美術館に行ってきました。 及川みのる展  高松/塩江美術館 | main | ユウの家にお願いする紙袋のこと。 >>
Gallery AMI-KANOKOの食器ご紹介:北新地 みなも
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    日本酒の会で酒肴をご協賛して下さっている、”北新地のみなも”さん。
    夏のご案内の案内状に、Gallery AMI-KANOKOで展覧会をした、原田洋子さん、笛木三沙子さんの作品を使って下さいました。
    とっても嬉しいですね。(写真撮影:外間 光貴)


    笛木三紗子さんの器。朱が印象的て
    お料理は、鱧です。手前の飾りが綺麗です。

      
    夏の鱧。夏が来た、涼しげな盛り付けです。
    赤身のおつくりと白い鱧のコントラストが綺麗ですね。

    器は、日本酒や焼酎などを注ぐ急須型の作品。料理人の遊び心がうかがえます。
    「おいしそう。」というのは、目で料理を感じたときの言葉ですね。いやいや、むしろ「目」が美味しさを想像して、料理に向かうときなんでしょう。
    色鮮やかに、素材の勢いがあるように見せる料理人の盛り付けは、食べる人を元気にしてくれます。

     
    | アートの味見 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1424031