PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< ヴェネツィアビエンナーレ Biennale di Venezia その2 | main | ベネチアビエンナーレ la Biennale di Venezia >>
David C. Driskellの作品がパッケージになります!
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    2013/5/13-5/25に展覧会をしましたDavid C. Driskell(デイビッド ドリスケル)の作品がチョコレートのパッケージなることに決まりました。



    ブランド名は ”123FACTORY" NYからのチョコレートをこのパッケージに詰めて販売します。形もさいころ型で可愛らしいですし、ポップな感じで元気が出ます。
    来年2月のバレンタインデーのときにお目見えする予定です。お楽しみに。

    これを企画したタケモトフーズの社長:竹本氏は、「大阪人は、黒人のアートを否定したり差別したりすることはない。いいものなら、そのものをズバリを愉しむ力がある。」といって、このデザインプロジェクトを立ち上げられました。
    実をいうと、黒人の美術はアメリカでは長らく差別があり、発表の場所も限られていました。Robert Colescott が、アメリカの代表としてベネチアビエンナーレで展示した始めての黒人アーティスト。1997年のことです。アメリカの国を表現する美術は、長らく白人のものであったのです。
    David C. Driskellは、アーティストとして、研究者としても功績が認められ、メリーランド大学の中に、作品を収集、展示する施設をもっています。

    http://www.driskellcenter.umd.edu/index.php


    今回、このよう形でアフリカンアメリカンアーティストの作品が、OSAKAから発信できますのは、とても嬉しいことです。
    どうでしょう。NYのチョコレートが口いっぱいに広がるようです。



     

    About David C. Driskell

    Born in 1931 in Eatonton, GA, and raised in North Carolina, David C. Driskell completed the art program at Skowhegan School of Painting and Sculpture in 1953. He received an undergraduate degree in art from Howard University in 1955 and an M.F.A. from Catholic University of America in 1962. Trained as a painter and art historian, Driskell works primarily in collage and mixed media, and printmaking. He then pursued post-graduate study in art history at The Netherlands Institute for the History of Art in The Hague. Prof. Driskell began his teaching career at Talladega College in 1955. He taught at Howard and Fisk Universities and served as Visiting Professor of Art at Bowdoin College, The University of Michigan, Queens College, and Obafemi Awolowo University in Ile-Ife, Nigeria. He joined the faculty of the Department of Art at the University of Maryland, College Park, in 1977, and served as its Chairperson from 1978-1983. In 1995, he was named Distinguished University Professor of Art and taught until his retirement in 1998.

    The recipient of numerous fellowships, awards, and prizes, including, three Rockefeller Foundation Fellowships and a Harmon Foundation Fellowship, Prof. Driskell has also received nine honorary doctoral degrees in art. While teaching at the University of Maryland, Prof. Driskell maintained an active career as a practicing artist, teacher, curator, collector, art administrator, and art consultant. He has lectured across the globe, and his works are included in major collections of art museums throughout the world. Prof. Driskell has authored five exhibition books on the subject of African American art, co-authored four others, and published more than 40 catalogues from exhibitions he has curated.

    In 1976, Prof. Driskell curated the exhibition “Two Centuries of Black American Art: 1750-1950,” which has been considered as the foundation for the field of African American Art History. Since 1977, he has served as curator of the Camille O. and William H. Cosby Collection of African American Art. In 2000, Prof. Driskell was honored by President Bill Clinton a recipient of the National Humanities Medal and in 2007, he was elected as a National Academician by the National Academy.

    | 展覧会レビュー | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1424026