PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< 出口 ふゆひ展  白磁と青磁の世界 | main | 小宇宙の古本屋さん Books & Things  In Kyoto >>
〜福をよぶ〜  岡井美穂 絵画・陶造形 個展
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     娘がまだ、幼稚園に行く前、そして幼稚園に通っていた頃、福音館書店の「こどものとも」には本当にお世話になりました。子供の年齢に合わせて発刊されます。価格も400円と本当に手ごろで、何よりも質がいい。絵も本当にいいものが多いです。
     絵本のなかには、漫画的な作品を載せているもあります。でも、この福音館の作品は、印刷である分作品のマチエールが消えてしまうのは悲しいですが、充分に現代美術として楽しめる絵画がいっぱい搭乗します。

     今回紹介する岡井美穂さんは、この「こどものとも」にいっぱい作品を描いています。そして、それが本になって出版されています。その作家の展覧会をご紹介いたします。

     -------------------------------------
     展覧会会期 2012/6/15-7/1
     芦屋画廊 
     659-0092 芦屋市大原町8-2  TEL 0797-25-2587
     -----------------------------------------
     岡井さんは、現在イタリアのファエンツァ在住。そこで制作されています。
     陶器の作品は、そこの土を使って焼いたもの。日本の土と違って、赤い色をしています。作品の中には、鈴のようなものが入っているものがあり、耳元で動かすとからからと音がします。 ここに本文を記入してください。


     ヨーロッパ住まいも長いと伺っていたので、もっとヨーロッパを彷彿とさせる作品かなあ、と思ったら以外と「和」の印象が強いものが多かったです。
     特に「亀」や「宝船」を模ったものは、お正月に飾りたい縁起もののように感じました。

     人間は、故国から離れれば離れるほど、それを懐かしむのでしょうか。不思議な気持ちになりました。


     岡井さんの作品を見ていると、日本にいる作家より、もっと日本のことを大事にしているような気がしてなりませんでした。遠くから見る、外から見る、客観的に見る、そういった行為は、見えないことを見せてくれる機会を与えてくれるのでしょうねえ。
    絵画の作品は、どれもモチーフがあって、身近に感じられるものが多かったです。  ギャラリーで販売している福音館の絵本を3冊、姪のために買いました。  
    | 展覧会レビュー | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1424015