PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< 太田三郎展 その2 | main | 〜福をよぶ〜  岡井美穂 絵画・陶造形 個展 >>
出口 ふゆひ展  白磁と青磁の世界
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    2012/4/24(火)-5/6(日)
    京都 にしかわ
    中央区河原町四条上る塩屋町332

    青磁を中心に白磁の染付の器の展示



    まっしろな展示台に丁寧に作品が並んでいました。
    作家の出口さんは、人に任せず、作品に係わるどんな仕事も自分でこなすタイプの作家。
    展示は、作品を一つづつ袋から出して、丁寧に搬入したんだろうなあ、と感じさせました。


     
     以前から続けている白磁に青の染付けの作品。
     今回その作品に会うことができました。
     
     

     私は、やはりこの白磁の作品が好き。何よりも「白」が綺麗。その白と染付けの「青」がよく合っています。そして、彼女が描く「線」が魅力的。器の飾りなのか、それともデザインなのか、それとも「絵画」なのか。この「青」の線が「白」の美しさを引き立ててくれています。そして、青い線は、「飾り」以上に、ひとつひとつの器の存在を引き出しています。

     一つとして同じ線、同じデザインはありません。この青い線のお陰で、職人的な技術の中にいた食器が、ひとつひとつ別の作品になります。「どれがおすきですか?」と、可愛い声で話かけてきてくれます。「これがいいですよ。」と、答えれば、「じゃあ、私はどうですか?」と、お隣の作品が話してきます。

     
     


     そして、「青磁」の器。結局、今回はこの作品を頂くことにしました。

     
     
     ひとつひとつ、細かなデザイン(模様)が入っています。出口さんが、ひとつひとつ作ったことが覗えます。

     幸運にも、ギャラリーで出口さんとお会いすることができました。相変わらず清楚で可愛らしい女性でした。お会いできて良かったです。
    | 展覧会レビュー | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1424014