PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< 日本酒の会 | main | 太田三郎展 その2 >>
太田三郎 in Kyoto
0
    JUGEMテーマ:
    --------------------------------------------------
    • 江寿コンテンポラリーアート
    • 太田三郎 2012年4月7日(土)- 5月5日(土)
    • 特別展示@瑞雲庵 4月30日(月・祝)-5月5日(土・祝) 13:00 - 17:00 京都市北区上賀茂南大路町62-1
    --------------------------------------------------
    丁寧に作られ、意味の上に意味が重ねられた作品群。

    2012年の新聞の一面の375日分の集積の作品。
    毎日、新聞の一面を紙に。紙の大きさは、葉書大の大きさ。そこに載っていた情報と文字は消え去り、紙の跡形(パルプの状態)のみが残っている。 それが壁面一面に几帳面に張られている。 一年があっと過ぎ去ったような印象がある。
    作品群は、365枚あるはずだが、性格には364枚しかない。一枚空白が出来ている。 作品群の対面に、その空白から飛び出たように作品が一つ張られている。この一枚の作品は、2011/3/12、大震災が起こった翌日の新聞記事で作ったものだ。そう、2011年といえば、3/11が忘れられない、記憶に残る日である。その翌日の新聞。最も早くに3/11の被害状況を載せた媒体であろう。これ以外は、ネットかTVであるだろうが。
    日本人にとって2011/3/11は特別な日である。確かに、その他の日と同じにできない。
    作品で一年を俯瞰する。 新聞は、個人の情報を載せるものでないため、記録の集積であるが、それに出会っている私たちは、記憶を蘇られている。人が主体な場に変わっている。
    | 展覧会レビュー | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1424012