PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< 京都精華大学卒展 その3 | main | リアリティとの戯れ >>
堀尾貞治氏の作品を買いました。 ---ギャラリー開---
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    現代美術を見る、現代美術の作品を買う、どちらも難しいですよねえ。

    そこで、今回は、私が作品を実際に作品を買った展覧会をご紹介いたします。

    -------------------------------------------------
    堀尾貞治展 「あたりまえのこと スーパーボール 5千」
    2012/2/12-2/21
    ギャラリー開  神戸市中央区栄町3-1-7 078-334-7110
    -------------------------------------------------

    ギャラリーの床、壁、天井全部を模造紙で養生。その上に、もう一度4種類の大きさのクラフト紙を貼って、ギャラリーの天井も壁の床も絵の具を待つキャンバスになりました。
    ギャラリーの入り口のぎりぎりまで、クラフト紙で養生されているのがお分かり頂けると思います。


    さて、この作品の搬入とは。この作品の制作プロセスとは?

    大人5人が、手も足も全部防護服のようなものを纏い 完全防備でギャラリーに集合。そして、絵の具が入った容器に、大小取り混ぜたスーパボールを入れて、そのスーパボールにたっぷりの絵の具を含ませます。そして、「それっ!」と、ボールをどこか一つの壁、天井に投げるわけです。弾力性のあるスーパーボール。投げ手の意志を受けてか、それとも一人勝手にか、あっちの壁、天井、床と数回、紙に当たった痕跡を打ちつけ、床に落ちて止まりす。

     クラフト紙には、そのスーパーボールが当たった、かすった後が色々な色で描かれています。描くというのは、人の能動的な行為で、このギャラリーの中では、そのように出来上がったという、偶然の行為です。
     勿論、作家の堀尾貞治氏は、おおよそこんな感じなるだろう、と予想と計画を立ててはいるものの、総ては当日の参加者の「行為」による結果です。


    スーパーボールが床中に散乱して、それに脚をとられて転びそうになったといいます。なんたって5000個。そこで、にわか作りの下駄を履いて搬入作業、いや作品の制作を続けたといいます。。


    あたりまえのことで、床に絵の具が一番多く、すっかり汚れているという感じ。天井や、壁は、スーパーボールの当たり方が適当で、作業の痕跡が綺麗に見られました。

    記録のDVDを見たら、その作品制作の現場は、大の大人が嬉しそうに遊んでいる(!?)姿が写っていました。雨よけのレインコートらしきものを着ている人もいました。そりゃあ、そうでしょう。不意打ちのようにあっちから、こっちからとスーパーボールが飛んでくるのですから。それを避けるためには、カッパが一番ですね。
     
     この展覧会の作品の価格は、

     一番小さい紙の作品 1000円
     中くらいの紙の作品 2000円
     大きい紙の作品  3000円
     その次の大きい紙 6000円 

     そんなだったと思います。まあ、兎に角、今もっているお財布の中身で、堀尾貞治氏の作品が買いる、ということです。たいていの人は。

     さて、じゃあ、では堀尾貞治氏は、どうのように評価されているか。こっそりお教えいたします。

     ベルギー人の Axel Vervoordt が作品を収集を行っています。 彼のHPで、Lucio Fontana(ルイ・フォンタナ)Anish Kapoor (アーニッシュ・カプーア)といった、大物アーティストと一緒の頁で紹介されています。

     じゃあ、買っても損はないはず。しかし、そこが難しい。多くの作品を作り出すアーティストの作品を買うには、自分の「目利き」の力が必要になってきます。
     でも、本当に大事なことは、その買う作品が好きか嫌いか、欲しいか欲しくないか、その直感性だと思います。その直感は、数々の作品を具体的に見ることにより、養われていきます。

     私が買った作品 2000円の作品を3枚。

     本当にこれがいい作品か、価値あるか、それはこれからの時代が決めていくことです。なにより、合計6000円で3枚も買えたことに今日は満足でした。
    | 現代美術の見方・考え方 | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1424009