PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< 京都精華大学卒展 2012 | main | 堀尾貞治氏の作品を買いました。 ---ギャラリー開--- >>
京都精華大学卒展 その3
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
     

     京都精華大学卒展の続きです。
     気に入った作品が多かったので、写真を撮るのが本当に楽しかったんですよねえ。作品がいいと、ついつい、このアングルがいいかなあ、角度を変えて、などなど、写真を撮るのを色々楽しみました。


     鎧(よろい)、兜(かぶと)、そして武器の作品。なかなか見せてくれました。







































    立ち姿が決まっていています。腕や肘の曲がり方が自然で、人が中に入っているようにみえ、思わず兜の目のあたりを覗きこんでしまいました。。材料は多分、鉄でしょうか。細かく接がれた鉄板が模様や飾りになって、作品を際立たせていました。

     見てください。作品に後ろの白壁に立てかけられている武具の数々。槍や刀といった手で操れる武器がづらり。
    | その他のアート情報 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1424008