PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< Christa Wolfの住まい | main | 京都芸術大学卒業制作展 2011 その2 >>
京都芸術大学卒業制作展 2011
0
     京都芸術大学卒業制作展 2011 のご案内です。

    Gallery AMI&KANOKOからのメッセージです。ここに挙げました学生さんとお話できましたらと思います。ご連絡が頂けたら嬉しいです。
    yukiko@ami-kanoko.com



    2011/2/16-2/20 
    場所 京都市立美術館(岡崎公園)
        京都市立芸術大学構内

     ことしも卒展の季節になってきました。
     大阪は雪。寒いことを覚悟に行ってきました。

     京都市立美術館の日本画の作品をご紹介いたします。京都市立美術館(岡崎公園)本館2階の展示室です。

     日本画とは、日本画の画材をつかう絵画のことで、絵画のカテゴリの一部です。
     明治維新のとき、西洋絵画がどどどっっと入ってきたとき、日本画の存在が分からなくなりました。今も日本人は、日本画と洋画とは、描き方も描く主題も日本画と西洋画では異なると思っている人が多いです。

     今年は、日本画のコースの方が大変がんばっておられました。国立博物館の写しなど非常にすばらしいく仕上がっていました。傷みまでがうつされており、感心いたしました。

    タイトル 「鰐」
    是永真貴 院2回生

    写真では分からないのですが、鰐の背中の部分は鰐らしい皮膚が画材を重ねることにより浮き上がるように作られていて、油絵のマチエールのように出来上がっていました。

     なによりもこの鰐の存在感。こちらを見る目は不気味です。背景が白いため、白黒で描かれた白の部分が背景と混ざり合って、まるで霧の中から鰐がにゅっと、出てくるように感じます。

     とてもいい絵です。みなさん是非見に行ってください。


     岡部 良平 院2回
     
     私の写真が上手でないことを謝らないといけません。本当はもっと美しく鮮やかです。
     (岡部君、このブログを見られましたら、写真を送ってください。差し替えます。ご連絡ください。)

     裏の金地から飛び出すように前面の花が描かれています。オレンジの花は、多分ノウセンカヅラでしょう。赤は、椿だと思います。椿やノウセンカヅラがこのように生えるわけではありません。また、葉の緑も青にちかく、現実から遠いように思います。
     しかし、桃山時代にあった、リアリティのある障壁画ではなく、イラスト的な絵画に仕上がっています。それが、むしろ当世代的で現実感がります。
     桃色の花は何でしょうか。
     画面全体で、花弁と葉がダンスをしている印象です。
     

     「只、この道が宜しく。」 服部しほり 4回生              
     山道でしょうか。木株や木の根があちこちに見られます。
     不思議な形(なり)をした二人。褌以外は、何もつけていません。頭に二つのつの? 鬼のようです。
     一人は首から大根と白菜を下げ手に人参を持ってもう一人は手にかぶら持っています。

     日本の御伽噺や民話のような世界を描いています。
     
     日本画の顔料の色合いが、昔の日本を思いださせます。懐かしさや郷愁を呼びます。

     この鬼がどんな鬼なのか、鬼達は、どこから何処へ行くのか、描いた学生の方に聞いてみたいことがたくさんあります。


    | その他のアート情報 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1423994