PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< 長野順子 チェコ、ブルゼニでの展覧会 | main | 長野順子画  石田衣良作 「ぼくとひかりの園庭で」  >>
松岡悠子 展覧会レビュー
0
    ---------------------------------
    松岡悠子展 ---energy---
    YUKO MATSUOKA
    2010/10/7-10/17 場所
    DELLA- PACE  神戸市中央区北長狭通 4-9-10
    TEL/FAX 078-392-9638
    -----------------------------------

    明日までの展覧会です。お近くの方は是非どうぞ。

    陶芸家、松岡悠子の新作展。ちょっと夢見心地ののところがある作家、松岡悠子が陶器のオブジェを新作。

      

    今回の主作品は、塔の作品。作品は高さ1mほどで、塔を連想させる上の方向がつんと細く長くなった作品。
     表面は、白と黒の斑点が施されていて、随所に突起物やくぼみがあり、抽象的な作品でした。ただ、すうっと上に伸びている様子が大変自然で、植物や建築物がしっかり地面に根を張っているような、そんな安定した印象がありました。作品全体が楽しげで、うきうきしているそんな感じがあります。多分、作っている間の作家が楽しくて、幸せだったのでしょう。塔の上に乗っているのは4つ足の獣の様。この鼻先の方向が作品全体の正面、エネルギーの行く手を決めているようで、作品全体の「気:エネルギー」なるものが存在するならば、それが見る側に伝えているような印象がありました。この四足の獣の足も太く逞しく、しっかりと安定しています。よりこの作品に安定した印象を感じさせてくれます。

     

     写真の靴は陶器で出来ています。写真で見ると革靴のようです。
     片方は、塔のオブジェのように、黒白の突起物が表面に施されていて、それがデザインになっています。

     向かって左の靴は、なんておしゃれなのでしょう。イタリアの靴職人の存在を思い返します。靴ときのは、こんなにおしゃれでエレガントなものと再発見いたしました。
     
     他にもブーツの作品、手袋のオブジェ、貝殻の作品など多数の作品が見られます。明日までです。是非お近くの方は行ってみてください。

     どの作品も手が込んでいて、時間をかけて作り込まれています。本当にいい作品は、この手間の要素が必要だと思います。作家曰く、「美術は濃いはず。」と。私も同感です。軽薄短小などこの時代が産んだ言葉。あっというまに飽きてしまうものです。
     
    | 展覧会レビュー | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ami-kanoko.com/trackback/1414112