PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
<< Seoul アート探訪 その2 | main | 「現代美術も楽勝よ。」展@水戸芸術館現代美術ギャラリー >>
Art Court Frontier 2009 #7
0
    --------------------------------
    アートコートギャラリー
    Art Court Frontier 2009 #7
    会期 2009/7/3-8/1
    --------------------------------

    若い作家をキュレータ、コレクター、学芸員等々が推薦する展覧会です。

    アートコートギャラリーは、帝国ホテル横のウオーターフロントにあります。JR桜の宮駅から源八橋を渡り、川が見える帝国ホテルの綺麗な散歩道を歩いていくのが私は好きです。

    ■ 山本理恵子
    京都市立芸術大学在学中



     今年の2月、卒展で彼女の作品を見ました。その日のことを私は良く憶えています。自分の作品の脇に立ち、作品について丁寧に説明してくれました。まだ、そこ頃は、持ち前のストローク画法(私がそう呼んでいます。)が、完成しておらず、学生展レベルだったように記憶しています。それでも、ストローク画法による虹のような色の使い方は、心を惹かれるものがあったように思います。
     今回、その技術が高められ、表現したい物事と、その技術とがぴったりあっている印象をうけました。単純な「物の存在」を強調している平面のなかで、誇張された技法が物体のありかたを全然ことなる存在として描いています。また、色の使いかたが非常にタフで、複雑な色をおくびもせず使っている印象でした。


    ■池田 高広
     複数の版画の作品を組み合わせ、天井高さまで造詣した作品。
     アートコートギャラリーの天井の高さをご存知の方は、この作品の大きさが想像つくと思います。
    | 大阪の街のアート情報 | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。