PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
0
    猛暑の折、皆様お元気でしょうか。
    休廊中ではございますが、画廊 ?ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi” さんを今日はご紹介いたします。
    画廊 ?ぎゃらり かのこから西へ徒歩4分。法善寺横丁にこのお店はあります。
    女性のオーナシェフの心遣いが随所にみられるこのお店。例えば、箸休めに出てくる金山寺味噌には、オリーブオイルがかかっています。
    こんな食べ方があるのかとまずは驚きました。次に口に入れると、味噌とオイルの相性がよく、いくらでも食べてしまいます。
    ビールを注文すれば、錫のカップが出てきました。なんと、涼しげで粋なのでしょうか。
    上がりのお茶は、鉄瓶のお湯で沸かしたほうじ茶。お湯の状態が電気ポットややかんで沸かしたものと全く違い、お茶の旨味を引き出していました。
    ビールを飲みながらパリパリと食べる野菜も凝っています。
    生で食べられるサラダ茄子は珍しい食感で、キャベツの芯は甘いです。器は野菜の色や鮮度が見えるように透明です。
    「食」や「お客様をもてなすこと」に対して、細部にわたって拘り、吟味しているオーナの姿勢がうかがえます。
    こちらのお店には、ワインのソムリエさんがいらっしゃいます。(国本さん:男性)
    防腐剤(亜硫酸ナトリウム)が添加されてないワインを置いているほどのこだわり。
    お料理と懐に合うワインを丁寧に紹介して下さいます。
    ワインのお話しも面白いです。聞いて知って飲むと、いっそう美味しくなるものです。
    実は、このお店には、Gallery AMI-KANOKOの作家の作品がたくさんあります。
    藤田依子(陶器)/堀尾貞治(絵画)/小池 ?茉祐(陶器)/市野政利(陶器) などなど。
    「こんな可愛い作品に出会えて嬉しいです。」と、オーナの今木さんは言って下さいます。


    今月、テーブルに登場したのは、小池  茉祐さんのガラスの小皿。
    お皿の上に、小さな夏の川魚と緑のソースが載っていました。
    手創りの器が氷のよう。涼を呼びました。
     

    wasabi で一緒に働いてくださる方を募集中>

    土曜日、日曜日を含む毎日 15302330くらいまで (時間や出勤日は相談に応じます。)
    土曜日と日曜日だけの勤務を希望されている方でも嬉しいです、とのこと。
    志を持って、お料理のこと、接客のこと、ワインのことを勉強しようと思っている方を募集されています。
    身に付くところ、学べるところ、で働いたことは自分磨きにつながると思います。
    お仕事を探している方、いかがでしょうか。
    連絡先は、090-3277-6016(今木貴子) 又は直接お店まで(06-6212-6666)ご連絡ください。

     
    | アートの味見 | 17:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    Gallery AMI-KANOKOの食器ご紹介:北新地 みなも
    0
      JUGEMテーマ:アート・デザイン

      日本酒の会で酒肴をご協賛して下さっている、”北新地のみなも”さん。
      夏のご案内の案内状に、Gallery AMI-KANOKOで展覧会をした、原田洋子さん、笛木三沙子さんの作品を使って下さいました。
      とっても嬉しいですね。(写真撮影:外間 光貴)


      笛木三紗子さんの器。朱が印象的て
      お料理は、鱧です。手前の飾りが綺麗です。

        
      夏の鱧。夏が来た、涼しげな盛り付けです。
      赤身のおつくりと白い鱧のコントラストが綺麗ですね。

      器は、日本酒や焼酎などを注ぐ急須型の作品。料理人の遊び心がうかがえます。
      「おいしそう。」というのは、目で料理を感じたときの言葉ですね。いやいや、むしろ「目」が美味しさを想像して、料理に向かうときなんでしょう。
      色鮮やかに、素材の勢いがあるように見せる料理人の盛り付けは、食べる人を元気にしてくれます。

       
      | アートの味見 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      アートの味見 滋賀県 東籬庵 (GALLERY TOURIAN / AZUSA SHOW ROOM) その2
      0
        アートの味見 滋賀県 東籬庵 (GALLERY TOURIAN / AZUSA SHOW ROOM)
        -KUMI KORF-

        東籬庵アートの味見、その2です。
        今回はKUMI KORFの作品を味見してもらったとき写真をご紹介いたします。


        東籬庵は滋賀県比良にある木造家屋です。木造家屋の修復に携わっている梓工務店のショールームで、週末だけOPENです。

         絵を買う動機は、絵そのものが好きな人とインテリアとして美術作品を楽しむ人の二通りがあると思います。そういった意味では、工務店や建築家の方に絵を理解してもらうことはとても大切なことです。




         外の風景とイーゼルにおかれた作品があっています。作品は白い壁に掛けるものと思い込みがちですが、本当に絵が好きだったどんなふうにでも楽しめると、感じました。


         同じくイーゼルに立てかけられた作品。
         障子の白い紙がホワイトキューブの役割を果たしてくれています。作品のお陰で、作品の向こうにある木造家屋の古い梁や柱に目が行き、それらが綺麗に見えます。
         画廊に来るお客さんがよく、「ここの壁は綺麗ですね。」と、感嘆してくださいます。丁寧に補修はしていますが、年間何度と作品を架け替える壁が綺麗なはずがないです。作品のお陰で壁が生き生き見えるのです。画廊のモルタルの床もお褒めいただきます。これも画廊でなければ、ただの古いものです。新しい作品と古い時代の物が相乗効果のように溶け合って、どちらも生かす空間になっています。

         
         お寺の庫裏のような場所に掛けられた作品。ここでも、古い土壁の存在感が作品によって浮かび上がっています。時間の経過によって風化している優しさが、作品の存在によって引き立っているように思います。
         作品があるから、その作品を観るのではなく、その作品とその作品の周囲に私達は注意を払い、その関係性に着目します。時間や物が関連してますし、何よりもこれを設置してくださった菅田さんと作品、そして建物の関係性が彼女を中心にして存在しているのでしょう。


        ブログを見て、東籬庵の菅田さんからMAILを頂きました。掲載いたします。
        -----------------------------------------------------------------
         アートの味見を体験し、また中島さんのブログを拝見して、アートを生活空間に持ち込むことで見慣れてぼんやりとした視界がクリアになっていることに気づかされます。

         当たり前の風景では立ち止まることがなくなり、ついつい次にすること、先のことばかりに気持ちがいってしまいます。
        それ自体は仕方ないことかと思いますが、作品が在る空間では観ることを通して、地に足が着くような、頭と体が一致する時間が自然とできてくる気がします。頭と体の時差ボケを調整してくれるような気がします。
        また、逆に作品を通して頭の中が思いがけない方向へ広がっていくこともあり、やはり作品というものは面白いです。
         アートを買うことに対して敷居の高さを感じている人は多いと思います。そんな中での味見という発想はすてきです。私も味見体験者として、広げていけたらと思います。
                              東籬庵 菅田
        -------------------------------------------------------------------

         --------------------------------------------------
        アートの味見について
        作家の作品をご自宅で飾った味見してもらう企画。無料。
        但し、往復の送料はお客様負担です。
        期間は、一回2ヶ月。
        味見していただく作品はお客様と相談いたします。
        Kumi Korf 堀尾貞治 ラルフキゲル 関淳一 
        といったいい作品を味見していただきます。
        遠方で画廊にしょっちゅう来れない方が多数おられます。
        是非一度味見してください。

        興味のある方はギャラリーまでご連絡ください。
        06-6214-2595
        メイル→ yukiko@ami-kanoko.com
         ---------------------------------------------------



         


        | アートの味見 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        アートの味見 滋賀県 東籬庵 (GALLERY TOURIAN / AZUSA SHOW ROOM)
        0
          アートの味見をご紹介いたします。
          これは、Gallery AMI&KANOKOが現代美術をお家に飾って味見してもらおうという企画。今回は東籬庵で味見してもらっています。
          -------------------------------------------------
          東籬庵 (GALLERY TOURIAN / AZUSA SHOW ROOM)
          〒520-0503 滋賀県大津市北比良1041−2
          有限会社梓工務店
          〒520-0363 滋賀県大津市伊香立下龍華町492−2
          --------------------------------------------------

          味見してもらっている作家は「関淳一」


          東籬庵の菅田さんから送られてきた画像を観てびっくりしました。写真の撮り方もさることながら、非常にうまく作品を飾っていただいています。コンテンポラリーアートに属する関淳一の作品は、本来ホワイトキューブに掛けることを意識して作品制作が始まりました。最近は、Gallery AMI&KANOKOの2Fの和室での展示を意識して作品が出来上がっています。菅田さんはそのことを充分理解してくださっている様に思いました。
          柱と柱の間や、お玄関など、本当に楽しんで上手に作品を掛けてくださっています。


          「作品を生かす」ことができる味見人だなあと思いました。



          どんなに頑張っても最終的には、作品を掛けて下さる方との阿吽の呼吸によってその存在を確からしくするものだと今回思いました。

          関淳一の作品は、抽象画ながら日本画で使う墨や胡粉などを画材として描いています。こういった和室空間には非常によく合います。

          --------------------------------------------------
          アートの味見について
          作家の作品をご自宅で飾った味見してもらう企画。無料。
          但し、往復の送料はお客様負担です。
          期間は、一回2ヶ月。
          味見していただく作品はお客様と相談いたします。
          Kumi Korf 堀尾貞治 ラルフキゲル 関淳一 
          といったいい作品を味見していただきます。
          遠方で画廊にしょっちゅう来れない方が多数おられます。
          是非一度味見してください。

          興味のある方はギャラリーまでご連絡ください。
          06-6214-2595
          メイル→ yukiko@ami-kanoko.com
           ---------------------------------------------------


          | アートの味見 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |