PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
松井清志・田中美智甫 二人展
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    〜なにもなにも ちいさきものは みなうつくし〜
     
     2014/2/8〜2/9  ギャラリー桜の庄兵衛  豊中市中桜塚2-30-35
              国登録有形文化財 奥野家

      梅が咲く頃と期待された三寒四温の初春の日に、華道家松井清志・田中美智甫 二人展が豊中にある国登録有形文化財となっている、ギャラリー桜の庄兵衛で開催されました。
     天井を貫ら抜く重厚な梁、江戸時代から長らく続くといわれている家屋がもつ立派な門や玄関。祝儀や不祝儀のすべてがこの建物の中で行われた歴史を感じました。

     
     門を入るとその正面に、ごろんとした楠の木片とその上に龍舌蘭がお客を迎えました。そこから玄関まで向かう小道と、その奥のお庭には、お客様を迎えるお花が枕型の陶器に入れられていました。この陶器は、その昔につかった湯たんぽだそうです。作家の松井氏が長年にわたってコレクションしたもので、お湯を入れる小さな口に、鮮やかな花が入り、これから見られる展示を期待させてくれました。
     家屋の中は、豪快な枝ぶりの松や老梅、椿、見事に芽をつけた木蓮、すずらん、紅の木などが美しく、凝った花器に入れられていました。椿だけで五種類、梅は四種類、様々なお花と対面できました。華道家は、山を歩き、活ける材料を探すものという二人。材料の花を花屋に手配することは極力避け、田中美智甫氏の住まいのある岡山の野山から、会期中に頃合がよくなるという花を選び、会場に運びこみました。おそらく、野山にある枝や花を採取するときには、既に活けるイメージが決まっているのでしょう。迷いのない植物の姿態が、花瓶から立ち上がっていました。
        

     なんといっても今回の見所は花留めでした。お流儀では、花器の中で花材が動かぬよう剣山などで留めます。今回の展示では、古い鉄器、例えば鍬や鎌が転用され、時代を経た鉄の重みと、繊細で立ち上がろうとしている花の力とが上手い具合に妙を得て、いけばなを個人の表現に立ち返られてくれています。
     その他、ひょうたんの中をくり抜いて花器の形状が面白く惹き付けました。瓢箪の内側が防水の加工され、ここにも古い鉄器の鐙(あぶみ)が飾りに添えられ、古い工藝が持つ垂直の生命力と植物の曲線の力とが集合して、一つの小さな世界を創っていました。
                   
     長い準備期間を要した本展覧会が、たった二日で終わることは誠に残念におもいましたが、どうせ花は枯れ行くもの、と潔い作家の決意が身に滲みるように感じられました。
     
     田中美智甫 いけばな教室のご案内 (嵯峨御流)
      Gallery AMI-KANOKO 3F 町家倶楽部 にて
      毎週 水曜日 随時 (1時間〜1時間半程度)
      月謝:8,400円  花代 1,050円

      その他 火曜日は天満橋にてお稽古があります。
      お問い合わせ 
     ■Gallery AMI-KANOKO 06-6214-2595 yukiko@ami-kanoko.com
      ■田中美智甫 090-5166-5322


    写真撮影 金谷 俊江
    | 大阪の街のアート情報 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「SADAタイプのこと」 春成こみち スペース御蔵跡
    0

      Gallery AMI-KANOKOから一番近いギャラリー、スペース御蔵跡の展覧会に行って来ました。
      畳敷きの和室二つに写真や立体が展示。

      写真の斜面はOHP(オーバヘッドプロジェクター)のフィルムをつなぎ合わせて作品にしたもの。
      裏側に、クリスマスツリーにつける照明のようなものが設置してありました。
      それが着いたり消えたりして、フィルムを明るくしていました。ここに本文を記入してください。


      この展覧会は堀尾貞治氏(左)がお題目を出したもの。
      副題が:「堀尾貞治 遠隔操作展」です。

      堀尾さん、力余って遠隔操作の展覧会まではじめましたか〜。
      ここにも堀尾さんの展覧会がある。
      ご興味のある方は是非。


      スペース御蔵跡
      542-0073
      中央区日本橋2-20-15
      地下鉄・近鉄日本橋 10番出口から徒歩10分
      (黒門市場を歩けば楽しいよ。)
      TEL 090-7109-1728 土師さん 





       
      JUGEMテーマ:アート・デザイン

       
      | 大阪の街のアート情報 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      美術館のような病院をご紹介します。
      0
        JUGEMテーマ:病院へGO!!JUGEMテーマ:病院へGO!! 

        美術館のような病院をご紹介します。
        検査入院、人間ドック、気持ちのよい病院に越したことはありませんね。

        大阪府大阪市生野区巽北3丁目20−29


         病院は、2013/4月に改装が完了し、新しくOPENしました。廊下、エレベータフロアに数々の作品が設置されています。
         患者さんから寄贈されたもの、職員の方の絵画、院長先生が休日に描かれた絵画があちこちに展示されています。 

         病院の理事長:山住先生に、「病院が綺麗になって、作品が増えて患者さんが増えましたか。」と、お尋ねしたところ、「いや〜、それよりも随分病院の雰囲気が変わりました。なにより、来院される患者さんの服装が変わりましたね。昔のように、パジャマ姿の患者さんや、トレーナ姿で来る人がなくなりました。おしゃれして病院に行く、そんな雰囲気に変わりました。皆さんに喜んで貰っています。」と。

         理事長先生は昔アメリカに留学されたそうです。アメリカの病院では、入院するとき、患者さんは、自分の病室に掛ける絵を選べたそうです。患者さんには、退院するときに、ずっと励ましてくれた絵を持って帰りたい、と入院中に飾っていた絵を病院に譲って欲しいとお願いされる方もいたというのです。 

         そういうアメリカでの経験を生かして、美術のある病院を改築前から構想されました。

         入院期間中、寂しい気持ち、不安な気持ちで患者として過ごすものです。何か心の宝モノになるよなものが病院にあると、生活している実感が生まれますね。

         






















         日々多忙な中で検査を受けるなら、気持ちのいい病院、おしゃれして行きたいような病院に行きたいものですね。

         病院に行ったから、病人になってしまう、そうはなりたくないものです。
         おしゃれして病院に行って、彼氏ができる、とか彼女ができる、恋におちる、そんなことがおこればいいですね。まるで映画の主人公のよう。

         この絵画がずらったかかっている廊下は、リハビリ室の前です。
         床には、等間隔に壁に色と同じマルが描いてあり、リハビリする患者さんの歩数の目安になっています。
         こういった絵画の横で、患者さんはリハビリに励まれています。

         最近の病院は老人が多いです。し尿の匂いが鼻についたり、暗い閉じ込められたイメージが病院にはつきものです。清潔感を出すために、白の色ばかりが目ににつき、無機質で冷たい印象が病院にはつきものです。
         育和解記念病院には至るところに絵があり、そのお陰で色々な色が目に入ってきます。温もりが感じられます。

         設置されている絵画も様々です。日本人、韓国人、アフリカ系アメリカ人、日系アメリカ人、フランス人。

          病院の待合にも絵がありました。

         このブログには特別に理事長、山住先生のメールアドレスを掲載しておきます。
         t-yamazumi@ikuwakai.or.jp

         この記事を読んで人間ドックに入りたい方、メディア関係の方は直接理事長にMAILしてください。 
            (Gallery AMI-KANOKO  中島由記子)




         
        | 大阪の街のアート情報 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「岸野承彫刻展」 
        0
           

          「岸野承彫刻展」 2012.06.13-17 藤田美術館(大阪市)JUGEMテーマ:アート・デザイン


           

            藤田美術館の受付の横に小さな展示室がある。美術館を見た後、何かに引かれるようにそこに入っていきました。

           今回はそこで見た「岸野承」彫刻展をご紹介したい。

           彫刻というより”木彫りの作品”というほうが、作品を表現するにはふさわしい。

           タイトルは「岸野承彫刻展」となっていたが、私の心の中では、タイトルは「拝む」というのに変わってしまった。

           どの彫刻も両手を合わせて、目を伏せて拝んでいる。作品は静かで穏やかだ。こういうとき、美術が静かであることは本当にいい。お経も祝詞も、賛美歌も何もない。見た人が「手を合わせたい」と思えばそれでいいのだ。





            
           同じ木彫の作品。
           この作品は、正面から見ると人体の厚みがない。写真は横から撮ったものである。人の体を模したものとしての表現として面白い。

            静かにこちらに拝む気持ちを誘導する、そんな作品である。


           3.11の震災以来、私の幸せは偶然である、そんな気持ちがよぎる。どんな人も明日のわが身は分らない。そんな不安な気持ちを和らげてくれるのは、お金でも友達でもなく、拝む、二つの手を合わせる、そんな行為のような気がする。自分が二つの手を合わせたとき、自然と心がゆっくりする。自分の温みが自分のお腹のなかにじわっと伝わってくる。それがやすらぎとなって、気持ちを穏やかにしてくれるように思う。









           
           
            展覧会の入り口、正面に置かれた作品。

            日本の原風景、稲の間に「仏様」がいらっしゃる。  稲は青々と生長し、生命力がある。その間から静かに見える仏様は本当に愛らしい。心が穏やかになりました。
          | 大阪の街のアート情報 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          リアリティとの戯れ
          0
            JUGEMテーマ:アート・デザイン

             アートライターの小吹隆文氏から情報を貰ったので行ってみた。
             出かけた先は、なんばパークス7F パークスホールである。2012年からフリーランスとして活動を開始した山中俊広氏が手がけて企画展である。

             大阪芸術大学大学院の修了生である山中氏が、大阪芸術大学出身の1980年生まれ以降の若手の平面アーティストをキュレーションした。
             
             なんばパークスはギャラリーから徒歩10分。パークスが出来、高島屋が増床て広くなり、なんば界隈は非常に元気である。昔は、なんばから徒歩5分のところに、キリンプラザがあり、そこで現代美術を見ることができた。そのキリンプラザも2007年に閉館し、新歌舞伎が幕を下ろした。
             そんなものだと諦めていたが、山中さんが頑張ってくれて今回の展示が出来たこと、心なしか嬉しいと思い、早速足を運んだ。

            町田夏生 
            <PLATEAU>100.0×80.3cm アクリル、紙、パネル 2011

            彼女の初個展はGallery AMI&KANOKOである。その後YODギャラリーに移り、腕を上げ評価を受けているようだ。 いつも、このままの自分であってはいけない、と新しい自分を見出すように努力している。
             ここに本文を記入してください。
            坂本 真澄  「The アイドル」130.0×162.0cm     油彩、キャンバス 2011 

             ピクニックをしているのだろうか。3人の少年は裸体のようだ。中央の少年は少女のように細く、華奢である。3人の目の表情はうつろである。体は怠惰で若さのようなエネルギーが感じられない。かれらの肌だけが若くあどけない。しかし、よくみると、肘や首は皮膚病を患っているかのようである。



             7人の作家の作品は、どれも具象画でありながら、現実には起こりえない設定であったり、現実にはない関係性のものが描かれていたりしていることが特徴である。それは、絵画だからできる一つのテクニックである。絵の中には、我々が無意識に縛られている重力さえもないのである。水が上から下に流れる必要もないのである。絵の中では時間の概念もなくなってしまう。

            | 大阪の街のアート情報 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            大阪市立美術館 −鴻池コレクション扇絵名品展−
            0
              ------------------------------------------
              鴻池コレクション扇絵名品展
              平成22年(2010)4月13日(火)〜5月30日(日)
              【主催】
               大阪市立美術館、太田記念美術館、日本経済新聞社
              【特別協力】
               鴻池合資会社
              -------------------------------------------

               鴻池がコレクションした扇絵の展覧会です。約300点が展示され、収蔵作品の展示も多数。

               扇は日常品のため、使いこまれて傷んでしまうことが多いです。今回300点もの扇が出展されました。伊藤若冲、河鍋暁斎、鈴木其一、酒井抱一といった近世の腕のたつ画家が描いた扇が多数出展されていました。日常の扇展というより、扇という平面に描かれた絵画の展覧会といったほうがいいでしょう。
              特に葛飾北斎の扇は必見です。
              「縁台の三美人」
              葛飾北斎
              太田記念美術館蔵

               葛飾北斎といえは、浮世絵。なかなか自筆の作品を見ることはできません。今回の扇の作品は、扇ながら自筆であります。赤い毛氈の上に座った三美人が縁台から外の景色を眺めている様子を描いています。贅沢な着物を着た女性達のゆったりした生活の様子が伝わってきます。裾の長い着物、贅沢な簪は、豊かな江戸文化を表しています。着物の裾の描き方にこの当時の情緒のようなものを感じさせます。
               
               うまい!葛飾北斎の筆裁きが良く分かる作品です。
               細い筆で女性の髪の毛一本一本を描いています。そして、たゆんでいる衣服の様子などが本当に上手く描写されています。
               江戸時代。こんな華やかな本物が流通していた時代。(いや、お金持ちの世界かもしれませんが。・・・)どんな文化が江戸、大阪に花開いたのでしょうか。

               
              | 大阪の街のアート情報 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              水都 堀尾貞治パフォーマンス  
              0
                水都2009での堀尾貞治パフォーマンスをお伝えいたします。

                -----------------------------------------
                            -----------------------------------------

                2009/10/10(旧体育の日)のパフォーマンスのタイトル
                「あたりまえのこと
                    台風一過 動物達が背番号をつけてやってきた。
                               堀尾貞治+現場芸術集団空気」
                           -----------------------------------------
                -----------------------------------------


                まずは参加者全員で記念撮影。


                一つ目のパフォーマンスは、像の鼻を作る。

                これが出来た像の鼻。紙の筒に空気を入れて作った総延長25mの像の鼻。

                パフォーマンス2つめは、北浜のビルになって歩こう!


                ビルが描かれたダンボールの頭にかぶって会場を全員で行進! 出発です。


                水都をずっと見守ってくれたビル達に感謝の気持ちを表現している作品でした。(本当かな???)

                台風一過のいいお天気の中、楽しいパフォーマンスになりました。
                | 大阪の街のアート情報 | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                夏音 ライブドローイング/ライブペイント
                0
                  夏音で河合克典、清水聖理さんのライブパフォーマンスがありました。

                  夏音は、大阪にあるレコード会社「おーらいレコード」が企画した音楽イベントで、そこに参加するプロの音楽家の音(音楽)に合わせ今回ライブドローイングを行われました。



                  ライブペイントというより、ライブドローイングといったほうが適当だと思います。
                  二人の出来た作品は音楽に合わせてどやどやと雑に描くのではなく、感覚として頭の中にもっているイメージを音楽によって引き出され描いた、そんな印象でした。
                  今回のライブでは、紙を次から次へとめくりだしていけるように長い紙が用意されており、一つの場面が終わったら新しくなっていきます。当日本番で上手くいくようにと、二人は同じ音を聞きながら描く「予行演習」はしたのですが、ライブは即興性が一番と、初めて出会った音楽家の音に集中して二人は息を合わせてライブドローイングを楽しみました。

                  音楽は、ウッドベースの岡野 裕和が担当。お腹に響く深い音色が会場に響きました。


                  出来上がった作品。



                  | 大阪の街のアート情報 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  Art Court Frontier 2009 #7
                  0
                    --------------------------------
                    アートコートギャラリー
                    Art Court Frontier 2009 #7
                    会期 2009/7/3-8/1
                    --------------------------------

                    若い作家をキュレータ、コレクター、学芸員等々が推薦する展覧会です。

                    アートコートギャラリーは、帝国ホテル横のウオーターフロントにあります。JR桜の宮駅から源八橋を渡り、川が見える帝国ホテルの綺麗な散歩道を歩いていくのが私は好きです。

                    ■ 山本理恵子
                    京都市立芸術大学在学中



                     今年の2月、卒展で彼女の作品を見ました。その日のことを私は良く憶えています。自分の作品の脇に立ち、作品について丁寧に説明してくれました。まだ、そこ頃は、持ち前のストローク画法(私がそう呼んでいます。)が、完成しておらず、学生展レベルだったように記憶しています。それでも、ストローク画法による虹のような色の使い方は、心を惹かれるものがあったように思います。
                     今回、その技術が高められ、表現したい物事と、その技術とがぴったりあっている印象をうけました。単純な「物の存在」を強調している平面のなかで、誇張された技法が物体のありかたを全然ことなる存在として描いています。また、色の使いかたが非常にタフで、複雑な色をおくびもせず使っている印象でした。


                    ■池田 高広
                     複数の版画の作品を組み合わせ、天井高さまで造詣した作品。
                     アートコートギャラリーの天井の高さをご存知の方は、この作品の大きさが想像つくと思います。
                    | 大阪の街のアート情報 | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    展覧会紹介 ― 「feel」  向井智香 ―
                    0
                       大阪の街のお薦め展覧会情報です。

                      ----------------------------------------
                      展覧会紹介 ― 「feel」  向井智香 ―
                      会期 2009/5/15-5/27
                      場所 AD&A Gallery
                      ---------------------------------------

                      ビデオインスタレーションの展覧会です。

                       作家の誘導に従ってギャラリーに作られた小部屋に入り、イヤホンが渡されます。横2m、高さ1mの大きな鏡が座る位置の前面に置かれており、その鏡の真ん中に用意された椅子に座ります。鏡には等身大の自分が映る仕掛けです。

                       不思議な音と共にビデオアートが始まりました。左横から剣をもった人物が鏡に映っている私を襲い掛かってきます。耳からは不気味な”シュワ〜”という金属性の音が聞こえてきます。映像が作りだす世界なのですが、前面の鏡はリアリティのある私自信が映っていますので、私が刺された印象です。
                       短い沈黙のあと、私の背後に一人の人物が現れ、静かに私の胸元に手をいれてきます。その人物は輪郭線のみで描かれた像で、表情が乏しく気味悪い感じがします。冷ややかな感じです。そして、音も不気味な音です。す〜っとその像が前面の鏡から消えて数秒の沈黙あと、またしても私の横に見知らぬ人物が座っていて、すくっと立ち上がり鏡に映る私の方に近づいて、襲ってきます。数秒の沈黙の後、水面が徐徐に上がってきます。水攻めにあうような錯覚です。鏡に映っている私が水槽にいるようで、息苦しい感じがします。そして、耳からの効果音。

                      まず、小部屋に通されます。





                       という具合に次から次へと鏡に映る私に攻撃や接触が映像によってなされていきます。
                       まさに「体験型アート」です。
                       映像が家庭や携帯電話に溢れている今、videoアートの存在や意義について考えさせられるところが多いです。映画や商業CMなどで映像はやりつくされているようにも思います。しかし、向井さんの体験映像アートは今までにない現代美術の切り口を提案してくれるように思いました。

                       向井智香さんのHPはコチラです。


                      | 大阪の街のアート情報 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |