PROFILE
大阪/日本橋にあるギャラリー
近鉄/地下鉄(堺筋線・千日前線)日本橋駅下車 1分 

 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
日本美術の歴史
日本美術の歴史 (JUGEMレビュー »)
辻 惟雄
日本美術の足跡を知りたい方にはいい本です。現代美術を知るには、先ず足元を固めてください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • Kumi Korf 作家紹介
    里花 (04/11)
  • 画廊 編 ぎゃらり かのこの作品と出会える一つ星のお店 串カツ ”wasabi" のご紹介!
    MoruMoru (01/31)
  • 「親戚の貞治さん」堀尾貞治作品集 <木村家・松田家所有>
    あ (04/07)
  • 京都精華大学卒業制作展 2012
    望月理沙 (06/21)
  • KUMI KORF の展覧会 ---展覧会までの流れ----
    TOMO (04/07)
  • cxchange展の作品紹介
    Ishida (06/13)
  • 京都精華大学 美術学部卒業制作展
    束間源蔵 (06/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

amika-blog

大阪日本橋にある町家風ギャラリースタッフによる日記です。
David C. Driskellの作品がパッケージになります!
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    2013/5/13-5/25に展覧会をしましたDavid C. Driskell(デイビッド ドリスケル)の作品がチョコレートのパッケージなることに決まりました。



    ブランド名は ”123FACTORY" NYからのチョコレートをこのパッケージに詰めて販売します。形もさいころ型で可愛らしいですし、ポップな感じで元気が出ます。
    来年2月のバレンタインデーのときにお目見えする予定です。お楽しみに。

    これを企画したタケモトフーズの社長:竹本氏は、「大阪人は、黒人のアートを否定したり差別したりすることはない。いいものなら、そのものをズバリを愉しむ力がある。」といって、このデザインプロジェクトを立ち上げられました。
    実をいうと、黒人の美術はアメリカでは長らく差別があり、発表の場所も限られていました。Robert Colescott が、アメリカの代表としてベネチアビエンナーレで展示した始めての黒人アーティスト。1997年のことです。アメリカの国を表現する美術は、長らく白人のものであったのです。
    David C. Driskellは、アーティストとして、研究者としても功績が認められ、メリーランド大学の中に、作品を収集、展示する施設をもっています。

    http://www.driskellcenter.umd.edu/index.php


    今回、このよう形でアフリカンアメリカンアーティストの作品が、OSAKAから発信できますのは、とても嬉しいことです。
    どうでしょう。NYのチョコレートが口いっぱいに広がるようです。



     

    About David C. Driskell

    Born in 1931 in Eatonton, GA, and raised in North Carolina, David C. Driskell completed the art program at Skowhegan School of Painting and Sculpture in 1953. He received an undergraduate degree in art from Howard University in 1955 and an M.F.A. from Catholic University of America in 1962. Trained as a painter and art historian, Driskell works primarily in collage and mixed media, and printmaking. He then pursued post-graduate study in art history at The Netherlands Institute for the History of Art in The Hague. Prof. Driskell began his teaching career at Talladega College in 1955. He taught at Howard and Fisk Universities and served as Visiting Professor of Art at Bowdoin College, The University of Michigan, Queens College, and Obafemi Awolowo University in Ile-Ife, Nigeria. He joined the faculty of the Department of Art at the University of Maryland, College Park, in 1977, and served as its Chairperson from 1978-1983. In 1995, he was named Distinguished University Professor of Art and taught until his retirement in 1998.

    The recipient of numerous fellowships, awards, and prizes, including, three Rockefeller Foundation Fellowships and a Harmon Foundation Fellowship, Prof. Driskell has also received nine honorary doctoral degrees in art. While teaching at the University of Maryland, Prof. Driskell maintained an active career as a practicing artist, teacher, curator, collector, art administrator, and art consultant. He has lectured across the globe, and his works are included in major collections of art museums throughout the world. Prof. Driskell has authored five exhibition books on the subject of African American art, co-authored four others, and published more than 40 catalogues from exhibitions he has curated.

    In 1976, Prof. Driskell curated the exhibition “Two Centuries of Black American Art: 1750-1950,” which has been considered as the foundation for the field of African American Art History. Since 1977, he has served as curator of the Camille O. and William H. Cosby Collection of African American Art. In 2000, Prof. Driskell was honored by President Bill Clinton a recipient of the National Humanities Medal and in 2007, he was elected as a National Academician by the National Academy.

    | 展覧会レビュー | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    サボテン 器  gallery feel 0
    0
      JUGEMテーマ:アート・デザイン

      内田鋼一  ×  小田康平 kouichi UCHIDA Kouhei Oda 

      「サボテン 器 宇宙」2013/6/29-7/14

       gallery feel art zero 名古屋市東区葵2-3-4 三光ビル1F 




      このギャラリーのギャラリストは、正木なおさん。
      3度ほどこのギャラリーを訪れたことがありますが、まだ期待を裏切られたことはありません。いつも、作品の見せ方、企画に工夫がみられ、私を満足させてくれます。正木さんのセンスが光ると共に、作家の持ち味を色々な形で引き出している、いいギャラリーだと思います。

      何か同じギャラリストとして勉強させてくれるギャラリーです。


      今回の展示は、2人展。2人の仕事が作品を引きたて合うように展覧会が出来上がっています。きっと、企画者である正木さんの力なのでしょう。

       大通りから、白い凹凸のある会場に入っていくと、愛知の陶芸家:内田鋼一 の白い器(プランター)に多肉種のサボテンが植えられています。

       サボテンは水が必要ない植物のため、土ではなく大きな粒の砂に植えられており、その白い砂と、内田氏の白い陶器との相性がいい感じでした。

       展示の陶器は、おおよそ手に載るくらい大きさ。中には、直線と直角に曲がる形状をもつ、植物を植えるのには不適切なものもありました。こういった非実用的でないものを見ると、美術を見る人間はわくわくしてしまいます。
       
       展覧会で目にいくのは、やはりサボテンの形とその種類です。小田氏は、自分の好みの形のサボテンを収集しているのか、いや好みの形にサボテンを育てているのか、どちらにしてもサボテンの形と生育のあり方に興味を持っているようです。
       会場では、花を咲かせるサボテンや、ストッキングのようなものを頭から被っているサボテンまで実に様々なサボテンを見ることができました。


       「こんなにサボテンの種類っていっぱいあったのだ。」というのが、展覧会を見たときの私の正直な感想です。
       もっと美術的な視点で見るべきなのでしょう。しかし、生命の不思議さ、その多様さのほうに興味が移ってしまいました。

       父の従兄弟がサボテンの収集をしてました。小さい頃、そのおじさんの裏庭でたくさんのサボテンを見た記憶があります。
      サボテンは、余り綺麗とはいえない温室の中に詰め込まれていました。その叔父さんにとっては、貴重なお宝だったのでしょうが、私には訴えかけるものは何もありませんでした。

       小田さんのサボテンは、昔の記憶のものとは随分ちがいます。見せるために上手く整理されているからでしょう。もちろん、剪定も行き届いているのでしょう。何よりも、この展示会場で、一番綺麗に見えるものを選んで持ってこられているのでしょう。
       どれも生き生きと見えました。


       理科の先生以上に、小田さんは私にとっての偉大な理科の先生になったような気がします。それは、内田さんと小田さん2人の美術家の見せる世界が宇宙で、ずっと向こうに色々な自然があるように提示してくれているからだと思います。
       美しくものを見せる、というのは大事なことだと思いました。触覚を刺激するのです。これはなんだ、どういうことなんだ、と素直な疑問が見ることで色々出てきます。長くものを見る観察も、美しいと思い始めると楽しくなります。植物も美しくありたいと思っています。
       
       美術と理科は遠いように思いますが、本当はお隣にあるように思いました。そうあって欲しいと思います。

      | 展覧会レビュー | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      岸川のぞむ 展 「日常」  2012/7/3-7/8
      0
        JUGEMテーマ:アート・デザイン

        ---------------------------------
        岸川のぞむ展 2012/7/3-7/8
        アートスペース虹 
        --------------------------------
        を、見て来ました。
        ちょっとざまされだぞ!
          もらった、案内状はこれ! 

        作家の筆跡で
        「よろしくお願いします。楽しんでできます。岸川」
        との簡単な挨拶文が添えられてあった。まるで、これから旅行に行く人が書くような文章であった。

        案内状からは、きっと作品展は、紙粘土でつくった立体のはず。それを楽しみに見に行きました。

        しかし、会場に入って。「だまされたー。」

        案内状は、「予兆」とか「予感」を感じろ、というもので、実際の作品のイメージは全く違うことが多々あります。 今回の場合は、いいはずされ方でしたね。


        会場全部が別の空間になっていました。まるで、演劇か、映画のセットの中に入ったよう。
        まずは、床。少し古めかしい、ギャラリーの床にタイルの絵が敷き詰められ、画廊の壁面には、右手から、ごーっと音を立てて汽車が走っている様子が描かれている。

        その汽車は、お寺の鳥居の中から出てきたよう。
        線路の高架の下は、通りになっていて、モザイクの道がずっと向こうまで続いている。だれもいず、何か寂しげな感じがしました。

        その道は、ギャラリーの入り口の向かって左側から続いている。

         作家に制作のことを聞けば、全くの現場制作だったとのこと。日曜日から画廊に入り、初日の火曜日まで描いたらしい。床に絵の具がこぼれないようにと、ナイロンを引いている。そのお陰で、床はつるつると滑る感じがあった。搬出日の日は、作品を壁から剥がせば作品の撤去が完了する予定であったが、思いあまってギャラリーの壁面にも絵の具が飛んでいて、それを消すのに時間が掛かったと教えてくれた。
         ぶっつけ本番、という感じもあるが、現場制作らしい作家が出した制作の「活気」らしいエネルギーが会場全体に広がっていた。

         アートというのは、作家の思いが表現形として成功しているからといって、受容者(見る側)が面白い訳ではない。惹き付けられるわけでもない。作り手が作品を着地させてしまったら、むしろ見る側はもう心の中で作品を遊ばせる余裕がなくなる。


         「楽しんできます。」と書いてあったDMの言葉は、これから制作する作品を楽しく作ろうと、制作旅行に出かける岸川さんの気持ちそのものだったのだろう。

         ギャラリーの壁面から外された作品を同じような形で見ることはもうないだろう。そこが余計に作品のことを思い出させてくれる。


        | 展覧会レビュー | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        〜福をよぶ〜  岡井美穂 絵画・陶造形 個展
        0
          JUGEMテーマ:アート・デザイン

           娘がまだ、幼稚園に行く前、そして幼稚園に通っていた頃、福音館書店の「こどものとも」には本当にお世話になりました。子供の年齢に合わせて発刊されます。価格も400円と本当に手ごろで、何よりも質がいい。絵も本当にいいものが多いです。
           絵本のなかには、漫画的な作品を載せているもあります。でも、この福音館の作品は、印刷である分作品のマチエールが消えてしまうのは悲しいですが、充分に現代美術として楽しめる絵画がいっぱい搭乗します。

           今回紹介する岡井美穂さんは、この「こどものとも」にいっぱい作品を描いています。そして、それが本になって出版されています。その作家の展覧会をご紹介いたします。

           -------------------------------------
           展覧会会期 2012/6/15-7/1
           芦屋画廊 
           659-0092 芦屋市大原町8-2  TEL 0797-25-2587
           -----------------------------------------
           岡井さんは、現在イタリアのファエンツァ在住。そこで制作されています。
           陶器の作品は、そこの土を使って焼いたもの。日本の土と違って、赤い色をしています。作品の中には、鈴のようなものが入っているものがあり、耳元で動かすとからからと音がします。 ここに本文を記入してください。


           ヨーロッパ住まいも長いと伺っていたので、もっとヨーロッパを彷彿とさせる作品かなあ、と思ったら以外と「和」の印象が強いものが多かったです。
           特に「亀」や「宝船」を模ったものは、お正月に飾りたい縁起もののように感じました。

           人間は、故国から離れれば離れるほど、それを懐かしむのでしょうか。不思議な気持ちになりました。


           岡井さんの作品を見ていると、日本にいる作家より、もっと日本のことを大事にしているような気がしてなりませんでした。遠くから見る、外から見る、客観的に見る、そういった行為は、見えないことを見せてくれる機会を与えてくれるのでしょうねえ。
          絵画の作品は、どれもモチーフがあって、身近に感じられるものが多かったです。  ギャラリーで販売している福音館の絵本を3冊、姪のために買いました。  
          | 展覧会レビュー | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          出口 ふゆひ展  白磁と青磁の世界
          0
            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            2012/4/24(火)-5/6(日)
            京都 にしかわ
            中央区河原町四条上る塩屋町332

            青磁を中心に白磁の染付の器の展示



            まっしろな展示台に丁寧に作品が並んでいました。
            作家の出口さんは、人に任せず、作品に係わるどんな仕事も自分でこなすタイプの作家。
            展示は、作品を一つづつ袋から出して、丁寧に搬入したんだろうなあ、と感じさせました。


             
             以前から続けている白磁に青の染付けの作品。
             今回その作品に会うことができました。
             
             

             私は、やはりこの白磁の作品が好き。何よりも「白」が綺麗。その白と染付けの「青」がよく合っています。そして、彼女が描く「線」が魅力的。器の飾りなのか、それともデザインなのか、それとも「絵画」なのか。この「青」の線が「白」の美しさを引き立ててくれています。そして、青い線は、「飾り」以上に、ひとつひとつの器の存在を引き出しています。

             一つとして同じ線、同じデザインはありません。この青い線のお陰で、職人的な技術の中にいた食器が、ひとつひとつ別の作品になります。「どれがおすきですか?」と、可愛い声で話かけてきてくれます。「これがいいですよ。」と、答えれば、「じゃあ、私はどうですか?」と、お隣の作品が話してきます。

             
             


             そして、「青磁」の器。結局、今回はこの作品を頂くことにしました。

             
             
             ひとつひとつ、細かなデザイン(模様)が入っています。出口さんが、ひとつひとつ作ったことが覗えます。

             幸運にも、ギャラリーで出口さんとお会いすることができました。相変わらず清楚で可愛らしい女性でした。お会いできて良かったです。
            | 展覧会レビュー | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            太田三郎展 その2
            0
              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              特別展示@瑞雲庵 4月30日(月・祝)_ 5月5日(土・祝) 13:00 - 17:00
               瑞雲庵 : 京都市北区上賀茂南大路町62-1

               
               

               第二会場の展覧会。京都市内の北、上賀茂神社近くの町屋での展覧会。立派な茶室もある。

               古い座敷にミルクをこぼした、と見えるインスタレーション。こぼしたミルクは、ピアノの教則本「バイエル」を細かく切ったもの。音符のオタマジャクシは、男性の精子を表象しているとか。この話は、初めて聞きました。

               子供のためのバイエルを練習しながら精子を連想するのもちょと変ですね。



              幸運にも、親しく作家:太田三郎氏と歓談することができました。

               和室を飾っている白いテープには、全部emailアドレスが印字されていました。太田さんの作品には意味が隠されていると、「意味探し」をしました。

               私が考えて意味はこう。
               
               
               
              emailは。太田さんの友人のアドレスで、それを輪にしたもの。友達が友達を作って、つないていく。Facebookを連想しました。

               残念ながら、私の意味は違っていました。
               このアドレスは、ここ一年の迷惑MAILの集積とのこと。それらを印字して、輪にしたもの。「nonymous」(匿名)の集積です。迷惑MAILのアドレスは、女性の名前になっているものが多いとか。集めてみて分ったと、太田さんの談。
               全てのemailアドレスが細字で印字され、別冊のファイルに綴じられていました。無関係な人間が送ってくるMAILの世界。静かな作品ながら、色々なことを語っています。その意味を探すのが面白い、太田三郎展でした。

               




              | 展覧会レビュー | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              太田三郎 in Kyoto
              0
                JUGEMテーマ:
                --------------------------------------------------
                • 江寿コンテンポラリーアート
                • 太田三郎 2012年4月7日(土)- 5月5日(土)
                • 特別展示@瑞雲庵 4月30日(月・祝)-5月5日(土・祝) 13:00 - 17:00 京都市北区上賀茂南大路町62-1
                --------------------------------------------------
                丁寧に作られ、意味の上に意味が重ねられた作品群。

                2012年の新聞の一面の375日分の集積の作品。
                毎日、新聞の一面を紙に。紙の大きさは、葉書大の大きさ。そこに載っていた情報と文字は消え去り、紙の跡形(パルプの状態)のみが残っている。 それが壁面一面に几帳面に張られている。 一年があっと過ぎ去ったような印象がある。
                作品群は、365枚あるはずだが、性格には364枚しかない。一枚空白が出来ている。 作品群の対面に、その空白から飛び出たように作品が一つ張られている。この一枚の作品は、2011/3/12、大震災が起こった翌日の新聞記事で作ったものだ。そう、2011年といえば、3/11が忘れられない、記憶に残る日である。その翌日の新聞。最も早くに3/11の被害状況を載せた媒体であろう。これ以外は、ネットかTVであるだろうが。
                日本人にとって2011/3/11は特別な日である。確かに、その他の日と同じにできない。
                作品で一年を俯瞰する。 新聞は、個人の情報を載せるものでないため、記録の集積であるが、それに出会っている私たちは、記憶を蘇られている。人が主体な場に変わっている。
                | 展覧会レビュー | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                堀尾貞治展
                0
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン
                   
                  ----------------------------------------
                  スペース草
                  2011/2/14〜2/26 
                  堀尾貞治×小池昭子
                  あたりまえのこと(パンによる)
                  ----------------------------------------

                  堀尾貞治さんの展覧会をレビューです。

                  今回は、豊中のギャラリー草に行ってきました。
                  パンで作品を作る小池昭子さんとの二人展。
                  立体作品はパンで作ったもの。小池さんがオーブンで焼いたものです。

                  パンといっても、会期中腐ることを避けるため、卵やバターなどの使用を避けて作られています。

                  壁には過剰!と思われるほとの大きなパンを描いた平面作品。

                  紙に身体のエネルギーをぶつけるように描かれいる。紙に体当たりして作品を作っておられるのでしょう。やわらかい紙が強く張っています。

                  紙は、お米などを入れていたしっかりした袋。
                  最近は、ドイツ/フランクフルトでもパフォーマンスされたという超多忙な日程での作品展。



                  正面の作品は、展覧会の初日にパフォーマンスで出来上がった作品。
                  パンの作品に墨を染み込ませて、床の上に置かれた紙の上を転がして出来上がりました。決して、抽象画など描こうとしていない、無心の状態で出来上がったもの。しかしながら、あっちへいったりこっちは入ったりする墨の軌跡は、ゆらりゆらりと奔放な様を表しています。筆や刷毛など使っていないので、上から下へのような動きがなく、力の起こり方が水のようです。
                  | 展覧会レビュー | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  原田 要展
                  0
                    JUGEMテーマ:アート・デザイン
                     
                    ギャラリー勇斎
                    奈良市西寺林町22 0742-31-19674
                    期間2011/2/15-2-27

                     
                      ギャラリー勇斎は近鉄奈良駅より徒歩8分。ならまちのいい感じの通りに面して立っています。
                     
                     原田要さんの作品を見たのは久振りでした。和歌山県立近代美術館で見たのが最後だったように記憶しています。 美術館では、大きな空間にぽつりぽつりと作品があり、遠目で作品を見たような記憶があります。ギャラリーで見ると、作品が肌の近くにあり、作品も「見て見て」と、こちらにせっついてくるような印象です。
                     原田さんの作品は木彫の立体。やわらかな空気を纏っています。

                     きのこ型をした木彫の立体。金属などに比べて、木は柔らかです。作品は、木を掘り削り、立体の表面には絵の具で彩色が加えられています。その色が優しく包みこむような感じです。のみの後の部分に色が入りこんでいるので、絵画的なマチエール(凹凸)のように表面が出来上がっています。足の部分は”白”色が塗られています。木の地肌が見えている部分がありました。「自然」をそのままに残すことを意識されているように伺えます。

                     

                     大きな口から長〜い舌が出ている作品。
                    舌の部分が緑に塗られ、植物が虫を食べるたねに舌を出しているよう。
                     飛び出した舌の部分に、凹凸がありそれがまるで生き物のように感じさせます。その舌が物を掬い取るかの表情で、まさに今口からべろっと下が出てきた感じです。口の部分は、オレンジの色で、人間の体の中の襞のような印象です。
                    キノコ型の作品
                     きのこの傘の部分を広げたような作品。彩色が施され、木彫の立体が絵画的でした。

                     その他、平面の作品も数点ありました。木板をのみで彫り、そこに色を塗る、そのような作業工程のなかで作品が出来上がっています。平面に直接作品を「描く」というのでは、絵画とは異なっています。絵画が持っている、筆のスクロールや勢いといったものではなく、木板にできる「彫り」の凹凸が彩色によって絵画の表面になっています。

                     ギャラリー勇斎はま新しい広々した空間。こういった空間でみると、作品が引き立って生き生きしている感じがしました。

                     「美術館で作品を見る」ことと、「ギャラリーで作品を見ること」は、大きく違います。
                     ギャラリーでは、作家が挑戦的に作品をつくり、挑戦的な気持ちで作品を展示するのが常。それに比べて、美術館では、作家の作品の「総覧」の形のようになっています。総覧としてまとめられた作品の生気が失われ、貝の抜け殻のように感じるときがあります。
                     
                    | 展覧会レビュー | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    金沢21世紀美術館 高嶺 格 Good House, Nice Body 〜いい家・よい体
                    0
                      ------------------------------------------------
                      金沢21世紀美術館
                      高嶺 格 Takamine Tadasu
                      Good House, Nice Body 〜いい家・よい体 「すみか―いつの間にかパッケージ化され、カタログから選んで買わされるモノになってしまった住処を、自分の手に取り戻すことを目指します」
                      会場:プロジェクト工房
                      会期:2010年8月28日〜2011年3月21日(*開場時間 12:00〜18:00)
                      -----------------------------------------------------

                      高嶺 格 Takamine Tadasu
                      プロフィール
                      1968年鹿児島県生まれ。京都市立芸術大学工芸科漆工専攻卒業、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒業。


                      美術館本体に隣接したプロジェクト工房は、鑑賞の場としての美術館機能に、創造の場としての機能を付与するスタジオ型のスペースです。音の出る作業なども含めた24時間の稼働、火や水の使用が可能で、アーティストが滞在制作を行う場としての環境を整えています。


                      工房 241.0平方メートル(約70坪)の工房の約50平方メートルの準備室を除いた空間が、工房の展示スペースになっている。白い箱型の展示スペースで、外からは見えず、中に入ると空間と一体となった作品が楽しめるようになっている。

                      このプロジェクトでは、様々な建築現場で必要な材料、または廃材が持ち込まれている。使い古された建具、砂袋、住居用建物の玄関ドア、襖、クロス、土、砂、木板、仮設階段、ガラス板、ベニア板、床板など。こういったものを組み合わせて作家は普段では見られない空間造詣を行っている。



                      仮設階段を上ると住宅用のドアがある。靴を脱いでそこから屋内に入る。廊下らしきもので、陳腐なベニア板にありあわせのクロスが張られ、床板がひかれている。まっすぐ歩いて廊下を折れると右手にパイプで作られて、見張り塔のようなものが見られる。パイプで組まれた宙ぶらりんの床が出来上がっており、パイプの手すりがつけられている。その向こうには、砂袋が積まれ、煙突の様な管が突き出している。



                      廊下を進むと、ガラス張りの床に出会う。ガラスから下に歩いている子供が見える。ここに乗って進んでいいことは分かるが、奇妙な錯覚に捕らわれてガラスに乗ることができない。
                      ゆるゆると足をガラスに乗せて進む。私のような人の為か、横に手すりがつけられている。襖で仕切られた空間がガラスの下に広がっている。不揃いの建具なので、奇妙な感じがする。






                      プロジェクトスタジオの2F部分の周回廊下には、寄せ集めの建具がずらりと並べられている。全く、関係性のない、整合性がないように並んでいるので、その違和感に目が行く。

                       廃材であったり、新品であったり、「建築」というキーワードで集められた部材を作家のアイディアで「家」「空間」という入れ物に作られている。作家が楽しんでいるのだろう、作品は愉快で面白い。上ったり、降りたり、歩いたりと作家の仕立てた空間を進むことは、体験的でわくわくさせる。この日は作家も来ており、材料を持ってスタジオを出たり入ったり楽しそうにやっている。

                       この建築には、ルールはない。そこに集められた資材があるだけで、作家がそれを自由気ままに張り合わすように空間を作っている。従来の家、や建物といった建築物でもない。縫い合わせているような印象である。

                      展覧会のタイトル「いつの間にかパッケージ化され、カタログから選んで買わされるモノになってしまった住処を、自分の手に取り戻すことを目指します」をまずは我が手で行動しているのである。最近は、お風呂も一つのユニットになっていて、それを入れ込むだけで済むそうだ。水道屋やタイル職人も要らない建築になっている。

                      幸運にも作家と記念写真が撮れました。

                       
                      | 展覧会レビュー | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |